メタリカ−アルバムレビュー!!

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

メタリカ−アルバムレビュー!!

今や、ヘヴィーメタルの代名詞的存在となっている『METALLICA』
彼らのちょっと昔の名盤や必聴盤など、アルバムごとに一枚ずつ紹介していきます。

 

たまには辛口な意見もあるかもしれないけれど、自分の好きな音楽を楽しく聴いてもらえるように基本的には“褒め”の姿勢で書いて行きたいと思います。
あわせて、ちょっとした歴史なども紹介できれば良いなと思っています。

 

メタリカは1981年にアメリカで、ボーカルとギターを担当するJames Hetfield(ジェイムズ・ヘットフィールド)と、ドラムスのLars Ulrich(ラーズ・ウルリッヒ )を中心に結成されたヘヴィーメタル・バンドです。

 

最初期にはメガデスのデイブ・ムステインも参加するなど、80年代〜現在に至るまで、常にヘヴィーメタルというカテゴリーを牽引してきました。

 

たいていの人が“ヘヴィーメタル”と聞いて連想する音楽は、おそらくこのメタリカの音がそのまま当てはまるんじゃないかと思います。
それぐらいスタンダードというか、全てのメタルバンドの手本となっているグループだと言えます。

 

こうしている現在もリリースされたアルバムは世界中で売れ続け、いまやジャンルの枠を超えた、音楽シーンにとって最も重要なバンドのひとつとなっています。

 

それでは、個人的な感想なども織り交ぜつつとなりますが、少しずつ紹介していきたいと思います。
これを見て少しでも興味を持たれた方は、是非とも一度アルバムを聴いてみる事をおすすめします。
「今さらヘヴィーメタルなんて」と食わず嫌いせず、ただの音楽のひとつなんだと思って聴いてみてください。
もしかしたら、この先一生好きでいられる音楽となるかもしれませんよ。